雨宮先生雨宮先生

夫(妻)と浮気相手を別れさせるには、第三者を間に入れた話し合いの場を持ちます。

話し合いで解決が難しいときは、弁護士に依頼して浮気相手に慰謝料請求をすると効果的です。

<スポンサーリンク>

1.第三者を間に入れて冷静に話し合いましょう

浮気相手と別れさせてやり直すには

浮気問題を話し合う場合、最初は第三者(知人・親戚)を間に入れて冷静に話し合います。

なぜなら、当事者だけで浮気問題の話し合いをした場合、感情的になり解決が難しくなるからです。

ですが第三者を交えて話すことで、冷静になって「自分は復縁したいが離婚したいのかしたくないのか」「浮気相手とは別れてくれるか」「これからどうするか」など建設的な話し合いができるようになります。

雨宮先生雨宮先生

夫(妻)に離婚の意思がないときは、浮気相手に別れるように交渉する必要があります。

浮気相手と会わずに慰謝料請求を行いたい場合は、弁護士に依頼するかも決めておきましょう。

2.浮気相手に慰謝料を請求して浮気相手と別れさせる

浮気相手に慰謝料請求する

夫(妻)と別れてもらうために、浮気相手に必ず慰謝料の請求を行ってください。

なぜなら、夫(妻)が別れることを承知して浮気相手に慰謝料の請求をしなかった場合は、浮気相手が、「何も言われなかったし、秘密にしていれば大丈夫。」という気持ちで、浮気を続ける可能性があるためです。

ですので、しっかりと反省してもらう意味でも慰謝料の請求は大切です。

以下は、実際に浮気相手に慰謝料の請求をした方の例です。

浮気相手に慰謝料請求した例1

夫が浮気をしていて、3人で話し合い、浮気相手の女性に慰謝料として300万円請求した。

夫と浮気相手のそれぞれに、「今後、夫(浮気相手)と接触をもった場合、罰金として金150万円を支払います」と念書も書いてもらえた。

その結果、夫と浮気相手は別れて、なんとか復縁生活を過ごしている。

浮気相手に慰謝料請求した例2

妻が浮気していたことが発覚し、弁護士を雇って、弁護士を通じて浮気相手の男性と慰謝料請求300万円をした。

浮気相手から、「慰謝料の金額を下げて欲しい」と交渉された。

「今後、一切の接触を持たない・持った場合は罰金として200万円を支払う念書を書いてもらえれば、今回の慰謝料の減額をしてもいい。」と返事をして、念書を手に入れた。

その結果、浮気相手からの連絡もなくなり夫婦生活の建て直しを始められた。

浮気相手に慰謝料請求した例3

夫が20歳の学生と浮気していたので、相手の両親を含めた話し合いをした。
浮気相手に慰謝料を請求したが、「学生のため支払い能力がない。」と言われた。

後日、浮気相手の両親を含めた話し合いの場で「今後、接触をもったことが発覚した場合、A子(浮気相手)の両親が罰金の支払いをする。」という念書を書いてもらった。

相手が若く支払い能力がなかったため、両親を含めた話し合いをして周囲からの圧力をかけて別れてもらった。


雨宮先生雨宮先生

このように、夫(妻)と浮気相手を別れさせるためには、慰謝料請求がとても効果的です。

「許した方が良いのかな」と思われる気持ちも分かりますが、人間は痛みを与えなければ身に染みて理解出来ないこともあるのです。

自分で浮気相手に慰謝料を請求するには?

自分で浮気相手に慰謝料を請求する方法は、直接会って交渉するか・”内容証明郵便”を使って書面で請求する方法があります。

浮気相手に直接会って慰謝料を請求する場合

浮気相手と2人で会うのは避けましょう。
なぜなら、相手が感情的になり「意地でも別れないから!」とこじれてしまう可能性があるからです。

ですので、できるだけ浮気相手の両親・自分の友人など第三者を入れた話し合いをすることで、冷静に慰謝料の交渉を進めていきます。

この話し合いの中で、「今後、夫(妻)と接触を持ちません、持った場合は罰金として金100万円を支払います。」と罰金を定めた念書を書いてもらいましょう。

雨宮先生雨宮先生

浮気相手に書いてもらう”念書”に公的責任を持たせたい場合は、公正役場にて”公正証書”を作成しましょう。

公正証書は弁護士に依頼すると、法的な効力も強くなり相手にもプレッシャーをかけられます。

内容証明郵便を使う場合

「浮気相手と会いたくないけど、多少の制裁を加えたい。」という気持ちであれば、慰謝料の請求を郵便局で扱っている”内容証明郵便“を使います。

この内容証明郵便とは、「誰が誰宛に・いつ、どんな内容の手紙を出したのか」を郵便局が公的に証明してくれるものです。

【関連ページ】内容証明 ご利用条件等(郵便局)

雨宮先生雨宮先生

この内容証明郵便を使う場合、配達証明も依頼しましょう。
配達証明は、相手が慰謝料請求の書面を受け取った証明になります。

慰謝料請求はできれば弁護士に依頼するべき

慰謝料請求は、書面にて法的な支払い請求をするためにも、弁護士を通して行うことをお勧めします。

個人間で慰謝料請求の交渉をした場合、浮気相手に支払いを逃げられる可能性が高いのです。さらに逆に弁護士を雇われた場合には、慰謝料請求が不利に転じてしまいます。

しかし弁護士を通して慰謝料請求をした場合は、法的な効力を持ちますので、相手に与えるプレッシャーも高く、支払いが滞る可能性もなく、二度と同じ失敗を繰り返さないようになります。

浮気相手への慰謝料請求は過失証拠が必要

しかし浮気での慰謝料請求を行う場合、弁護士に依頼するときは事前にしっかりした浮気や過失の証拠を準備しておくことが必要になります。

証拠して認められるものは、浮気現場の写真3回分、録音などです。メールやLINEのやり取りだけでは、法的に慰謝料請求の証拠としては弱いのです。

ですので多くの人は、事前に探偵事務所に依頼して証拠や相手の情報手に入れてから、弁護士を通じて慰謝料請求を行っています。

雨宮先生雨宮先生

現在の慰謝料請求時にかかる弁護士費用は、慰謝料200万円で60万円程度です。

慰謝料請求を弁護士に依頼した場合、金額の交渉・念書または公正証書の作成・調停になった場合の書類作成もしてもらえます。

3.全て終わったら夫婦間の信頼を取り戻す

浮気相手と別れさせて夫婦でやり直しをする

慰謝料請求を行って痛い思いをして膿(うみ)を出し切った後は、夫婦間のやり直しをする必要があります。

夫(妻)が帰りたくなる家にしましょう。帰宅するのが嬉しくなる雰囲気作りを心がけるようにしてください。

夫の場合

  • 夫の好きな献立を週に2回以上作る
  • 朝の挨拶から、機嫌よく笑顔で対応する
  • ちょっとしたことにも、感謝の気持ちを伝える
  • 帰宅が遅くなっても、「おつかれさま」と笑顔で言う
  • おしゃれをしてデートに誘う
  • 子どもに「お父さん、XXに連れて行って」と言ってもらい、楽しい行楽に誘う

妻の場合

  • ご飯のときは、必ず1品は褒める
  • 週末は、食器洗いか洗濯物の取り込みを手伝う
  • 2週に1回、妻の好きなスィーツを買って食後に一緒に楽しむ
  • むやみにベタベタしない
  • 妻が話しているときは、きちんと向き合って聞く

壊れた夫婦の信頼関係を取り戻すことは難しく、長い時間がかかります。
でので、「1日1ミリでも前へ」の気持ちを持って、少しずつ前に向かって進むようにされると良いと思います。

一気に信頼を回復させようとして、自分に無理をして続かないような事はされない方が良いでしょう。

雨宮先生雨宮先生

浮気問題の後だと、穏やかな気持ちになれないと思いますが、ここで頑張れないと復縁することが難しくなります。

4.浮気のことを、蒸し返さないようにしましょう

夫(妻)と復縁することを望んだ場合、浮気を蒸し返すことはご法度です。
本人も、「反省しているのに、許されないのか?」と最初は謙虚に文句を聞いています。

しかし、度重なると「信頼されていない、こんな毎日じゃ別れたほうがいい!」と開き直ってしまう可能性があるのです。

心の中で「この人を許せない!」と思っていても、夫(妻)に気持ちをぶつけるのは避けてください。
どうしても、気持ちが晴れないときは、友人に愚痴を聞いてもらいましょう。

雨宮先生雨宮先生

悪いことをした人は、「悪いことをしたな」と理解しています。
浮気について、何も言わず優しくされたほうが「こんないい妻(夫)につらい思いをさせた。」と深く反省してくれます。


今回のまとめ

浮気相手と別れてもらうためには、慰謝料の請求をしましょう。
精神的なプレッシャーを感じて、「別れなくちゃ、また請求されるかも?」と痛みを感じさせることで素直に別れてくれるケースが多いのです。

そして、夫(妻)とやり直すためには、帰りたくなる雰囲気作りが重要です。
浮気を蒸し返してはいけません。

夫婦間の信頼回復は1日1ミリを心がけてください。