雨宮先生雨宮先生

夫(妻)の浮気が判明したとき、冷静な態度で過ごす必要があります。

浮気が事実だった場合に、復縁・離婚のどちらがしたいか考えておきましょう。

<スポンサーリンク>

1.夫(妻)の浮気が判明したら、冷静な対処を

夫妻の浮気が判明したら
夫(妻)の浮気が判明して、感情的になってすぐに相手を責めないでください。
例えば、以下のようなケースが考えられるからです。

ケース1:反省した

浮気発覚後に「ごめんなさい、相手とは別れるから離婚しないで欲しい」と心底反省してくれた。




ケース2:まだ浮気していなかった

「じゃあ、しっかりした証拠を出せよ!」「信用されていないなら、一緒に居られない!」と家を出て行ってしまった。

責めたことを理由に浮気相手と同棲を始めて「信用されてないから、本当に浮気をしてやった」と開き直られた。




ケース3:証拠を隠滅された

「これは、会社の同僚で酔ってメールしただけだよ。」とごまかされ、浮気の証拠を処分されてしまった。

危ないと思ったのか、その後浮気相手と会うのを控えるようになった

相手が素直に認めてくれれば問題解決に至りやすいのですが、浮気を隠す為に嘘をついたり逆上してしまうこともあります。

中途半端な状態で浮気を問うと、もし離婚を考えている場合は証拠を入手できにくくなり、慰謝料請求ができにくくなってしまいます。

ですので確実な証拠が無い場合には、感情的になるのを抑えて、しっかりした証拠を手に入れることが先決です。

2.浮気が事実なら離婚するか決めておきましょう

浮気が判明したら離婚するか決める
夫(妻)の浮気が事実だった場合、離婚するのか決めておく必要があります。
もし離婚を決めた場合は、同居している内にできる準備を進めておきます。

例えば、財産分与を請求するために、夫(妻)の口座情報・有価証券・積立型生命保険の詳細などを調べておきます。

雨宮先生雨宮先生

浮気の事実が判明してから離婚をするか考えると、夫(妻)が財産を隠す可能性と別居により所有している物の確認ができなくなるので注意可能性があります。

離婚を決意した場合、相談できる相手を持ちましょう

離婚を決意したら、相談できる相手を持ってください。結婚は、するときは簡単ですが、離婚するには時間と精神的負担がかかります。

毎日、離婚のことで頭がいっぱいになり子どもにもイライラしてしまう可能性があります。そうなると、自分を責めてうつ病になってしまうケースもあります。

適度に気分転換をする・離婚についての愚痴を聞いてくれる相談相手を持ち、精神的なストレスを溜めないようにしましょう。

雨宮先生雨宮先生

夫(妻)に話が筒抜けになる可能性がない人物を相談相手に選ぶ必要があります。

共通の友人・同僚への相談を避けましょう。

3.離婚のために準備しておくことは?

離婚すると決めた場合、離婚届を出す前にいろいろな準備をしておく必要があります。
以下について考えたり、下準備をしておきましょう。

離婚の為の下準備

  1. 子どもの親権(自分が引き取るか否か)
  2. 養育費について(自分が子どもを養育する場合)
  3. 慰謝料の請求額
  4. 財産分与の準備(夫(妻)の口座残高・有価証券などの確認など)
  5. 何処に住むか(今の住居に住み続ける・賃貸を借りる・実家に帰る)
  6. 話し合いで離婚できなかった場合、弁護士に依頼するか(離婚調停・慰謝料請求時)
  7. 慰謝料請求の為の確実な浮気証拠

【関連ページ】数年先に離婚をするための準備は何が必要か?
雨宮先生雨宮先生

浮気の事実は判明してからも、同居生活を続けるのは精神的な負担もかかります。

離婚請求や慰謝料請求をするために、別居前に準備しておくことが必要です。

4.浮気による慰謝料請求には確実な証拠が必要

浮気の確かな証拠集め
もし離婚を決めて慰謝料請求をする場合、浮気した本人と相手にそれぞれ慰謝料を請求することが出来ます。

ですがこのケースでの慰謝料請求の場合、浮気現場3回分を撮影した写真などの”確かな証拠”と、貞操を破っていると分かる”過失の証拠”が必要になります。

例えば浮気相手の女性が「妻子持ちと知らずに純粋にお付き合いしていたつもりだった」と言えば、慰謝料請求することはできなくなります。

ですが、この女性がメールやLINE、会話の録音で「奥さんはいつ不在なの?子供は何歳なの?」などのメッセージや会話の録音があれば、妻子持ちでありながら浮気をしていることが分かり、これが過失の証拠となって慰謝料請求に効力を発揮します。

また、LINEやメールだけのやり取りだけでは浮気の証拠としては認められにくいので、浮気現場の証拠写真を入手する必要があります。

証拠写真を個人で入手することは難しい為、ほとんどのケースでは離婚前に探偵事務所に浮気調査依頼をして、確かな証拠を入手して離婚と慰謝料請求の準備を行っています。

【関連ページ】離婚・慰謝料請求に必要な証拠は?

5.夫婦間の話し合いで離婚が難しい場合、弁護士に依頼すべき?

浮気が判明したら弁護士相談すべきか

夫婦間の話し合いで離婚が難しい場合、弁護士への依頼を考えましょう。

なぜなら、自分は離婚する決意をしていても夫(妻)は、「離婚したくない!やりなおしたい。」と言って結婚生活の継続を希望する可能性があるからです。

もし、離婚に同意しても財産分与や子どもの親権などが問題になり、当事者間での解決が難しくなるケースもあります。

よって、離婚問題に強い弁護士への依頼を考慮しておく必要もあります。

雨宮先生雨宮先生

離婚話がこじれた場合、当事者間で問題を解決するのは大変です。
離婚問題を専門・取り扱い事例が多い弁護士に依頼しましょう。

6.信頼できる離婚問題に強い弁護士を探すには?

離婚問題に強い弁護士とは、離婚を専門にしている・経験が多い弁護士のことです。

弁護士もいろいろな案件を扱っています。刑事事件に慣れている弁護士もいれば、民事事件に慣れている弁護士もいます。弁護士の交渉力次第で、請求できる慰謝料額や財産分与が変わることもあります。

ですので弁護士に依頼するのであれば、離婚に強い弁護士にお願いした方が、離婚時と離婚後の生活金確保に有利になることがあるのです。

丁寧で分かりやすく説明してくれる弁護士に依頼するが吉

離婚弁護士選びのポイントは、「丁寧で分かりやすく説明してくれる」ことです。
弁護士も人間ですので、専門用語を並べ立てて分かりにくく説明したり、大雑把だったり、高圧的な態度をする人もいます。こういった弁護士には依頼しない方が良いでしょう。

また腕が良い評判の弁護士であっても、自分が「この人のこと苦手だな。」と思ってしまうと不安があったりすると、質問できなかったりします。

ですので弁護士を選ぶには、実績・人柄・費用の3つを考慮して選ぶ必要があります。中でもポイントになるのは、弁護士の実績と人柄です。

インターネットで気になる弁護士をチェックし、実際に足を運んで顔を合わせて相談してから依頼する弁護士を決めるようにしましょう。


今回のまとめ

夫(妻)の浮気が判明したときに、感情的になり責めないようにしてください。
その場の感情で、夫(妻)を責めても状況が悪化するだけの可能性が高くなります。

浮気調査の結果が事実だった場合、復縁・離婚のどちらを選ぶか決めておく必要があります。

離婚を決意した場合、事前に準備を整えておくことで、(財産の確認・住居・子どもの学校など)一刻も早く別居ができるようになるからです。

そして、夫婦間で離婚問題を解決できない場合は、弁護士への依頼を考慮しましょう。

慰謝料請求を確実にするために、確かな浮気の証拠入手を探偵に依頼することも必要になります。

雨宮先生雨宮先生

夫(妻)の浮気が判明したら、今後のことを考えてみましょう。
「自分は、この人とこの先も一緒に居たいのか?」考える時間を作ってください。

復縁・離婚のどちらを選択しても、感情的になったり意地の張り合いにならずに、できるだけ冷静に行動するようにしましょう。