雨宮先生雨宮先生

病気を理由にした離婚は、当事者同時で合意ができない場合、認められないこともあります。

重度のうつ病で、回復の見込みがない・婚姻関係の継続が難しいケースでは、夫婦関係調整調停(離婚調停)の申し立てをして調停で話し合います。

<スポンサーリンク>

1.うつ病の状態によっては、離婚できるか?

うつ病の状態で離婚できるか

夫(妻)がうつ病になっても、治療すれば完治するうつ病では離婚の請求ができません。

うつ病・精神病が正当な離婚理由になるケースは、「回復の見込みがない重度の精神病」だと認められた場合です。

重度の精神病とは?

離婚を請求するための理由になる、“重度の精神病”と認められるのは下記のケースです。

重度の精神病と認められるケース

  • 躁うつ病
  • 偏執症
  • 痴呆症(早期性・麻痺性)
雨宮先生雨宮先生

回復の見込みのあるうつ病は、重度精神病の対象になりません。

うつ病が原因で、離婚する際に問題となることは?

夫(妻)のうつ病が原因で離婚の際に、どんなことが問題となるのか知っておきましょう。

うつ病離婚で問題になること

  • 今後も回復の見込みがないと診断された(今後一人でどうなるのか)
  • 正常な結婚生活を送ることが困難である(セックスレス・家事や育児がまったくできないなど)
  • これまでに、離婚請求者が誠心誠意配偶者の世話をしていた(家事・育児の助け・無理をさせていなかったかなど)
  • 離婚後の世話をする人・治療費の負担者が決まっているか(親族や離婚請求者が負担するか)
雨宮先生雨宮先生

離婚前の生活で、うつ病の夫(妻)に対して誠心誠意尽くしていたかも問題となります。

正常な結婚生活が難しいケースとは?

夫婦は正常な結婚生活を送ることが基本になっていて、ここに大きな支障が出る場合には離婚請求が認められる可能性もあります。

正常な結婚生活が難しいケースとは、下記のような状況になったときです。

夫がうつ病で正常な結婚生活が難しいケース

  • うつ病になり、仕事に就くことができない
  • うつ病が原因でセックスレスになった
  • うつ病が原因で、家族との会話を一切しなくなった
  • うつ病が原因で、疑心暗鬼になり妻に「男性の居る職場はダメだ!すぐに仕事をやめろ」と生活のことを考えずに、暴言を吐く



妻がうつ病で正常な結婚生活が難しいケース

  • うつ病になり、家事全般ができなくなり子どもの食事も夫が支度しなくてはならない
  • うつ病が原因で、疑心暗鬼になり夫が仕事中も1日に何十回もメール・電話で「どこで、何してるの?」と確認する
  • うつ病が原因でセックスレスになった

離婚請求をするためには、正常な結婚生活が難しいことに加えて正当な理由が必要です。

2.離婚請求ができる正当な理由とは?

離婚請求できる正当な理由

パートナーの病気が原因という理由だけで離婚請求は難しいのですが、次にご説明する”正当な理由”にも当てはまっていれば、離婚請求が可能になります。

離婚請求できる正当な理由

  • DV・モラスハラスメント
  • セックスレス
  • 理由も無く別居をして戻らない
  • 生活費を渡さない
  • 理由もなく、家から追い出そうとする
  • 家事・育児放棄
  • 不貞行為(浮気)の相手と同棲して戻らない
  • 単身赴任の夫が生活費を渡さない
  • 不貞行為(浮気・不倫)
  • 三年以上の生死不明(行方不明)
  • 健康な夫が働かない
  • ギャンブル・アルコール中毒
雨宮先生雨宮先生

正当な理由であっても、録音や写真などの証拠がないと認められにくくなっています。

3.離婚請求が難しいケースでは、夫婦関係調整調停(離婚調停)を行う

当事者間で離婚の合意が難しい場合は、家庭裁判所に夫婦関係調整調停の申し立てを行い、調停で問題点を話し合います。

夫婦関係調整調停(離婚調停)とは?

離婚調停とは、家庭裁判所で裁判官・調停委員を交えて事情を考慮した上で、妥協点や常識的な助言をしてもらいながら、問題を解決する調停です。

夫婦関係調整調停(離婚調停)の手続き

夫婦関係調整調停の申し立て先は、相手の住所地にある家庭裁判者か当事者間の合意した家庭裁判所です。

この調停は、財産分与請求調停の申し立てをしておくと、一緒に進めてくれるので同時の手続きを、お勧めします。

申し立てに必要なものは、下記の通りです。

調停申し立てに必要な物

  • 収入印紙1200円分
  • 郵便切手800円程度(裁判所により違います)
  • 夫婦関係調整調停申立書1通またはコピーで可(裁判所で入手可・裁判所のホームページからダウンロードできます)
  • 財産分与請求調停申立書1通またはコピーで可(裁判所で入手可・裁判所のホームページからダウンロードできます)
  • 夫婦の戸籍謄本(全部事項証明書)
  • 資産・財産に関する書類(残高が分かる通帳のコピー・不動産登記事項証明書・固定資産評価証明書)※財産分与請求調停に必要
  • 陳述書(裁判官に調停前に、自分達の結婚から現在までの経緯・離婚原因・自分が望んでいることを読んでもらうためのものです)

【関連ページ】裁判所「夫婦関係調整調停」
雨宮先生雨宮先生

夫(妻)が重度の障害・精神病の場合は、”成年後見監督人選任“の申し立てが必要です。(本人に離婚の意味や今後どうなるかを判断できない可能性があるためです)

4.成年後見監督人選任とは

成年後見監督人選任とは、精神的な障害(認知症・痴呆症・知的障害・精神障害)により、本人の判断能力が不十分な状況にあるときに、本人に代わって調停に出てもらうことになります。

【関連ページ】成年後見監督人(保佐監督人,補助監督人)選任の申立書


今回のまとめ

夫(妻)がうつ病になった場合、今後も回復の見込みがない・夫婦生活が困難と認められたときは離婚請求ができます。

当事者で離婚の合意ができないときは、家庭裁判所に夫婦関係調整調停の申し立てを行います。

離婚請求者が夫(妻)の成年後見人の場合、夫婦関係調整調停(離婚調停)を申し立てる際に、成年後見監督人選任の申し立ても必要になります。

雨宮先生雨宮先生

夫婦のどちらかが病気した場合での離婚は基本的に難しいのです。

離婚できる正当な理由に合致していれば認められる可能性はありますが、それが病気が原因の場合は離婚請求は難しい状況です。

とはえいケースバイケースですので、弁護士にご相談ください。