雨宮先生雨宮先生

信頼できる浮気調査会社や探偵会社は、依頼にかかる料金を明確に提示しています。
相談したときに、依頼表・経費の詳細を説明してくれない会社には、注意が必要です。

実際に会って相談し、詳しく明確に説明してくれるかで判断します。

<スポンサーリンク>

1.信頼できる浮気調査会社や探偵の特徴は?

信頼できる浮気調査会社探偵の特徴
浮気調査会社や探偵は業態が特殊で、かかる費用は主に人件費になり、料金設定の基準となる目安の予想がつきにくいですよね。

ですが、信頼できる浮気調査会社や探偵会社には、次にご紹介するような特徴があります。

ポイント!

  1. ホーページに依頼料金・経費・成功報酬について明記してある
  2. 成功報酬がある場合、どのような状況を成功とするのか事前に説明してくれる
  3. 探偵業届出証明書をホームページに掲載している
  4. 電話・メールでの無料相談が可能(匿名でOK)
  5. 見積書に必要経費を入れてくれる(かかる可能性のあるものも入れてくれる)
  6. しっかりと相談内容を聞いてから見積書を出してくれる
  7. 追加料金がかかる可能性がある場合、説明をしてくれる
雨宮先生雨宮先生

実際に悪徳業者に被害にあった方がいるので”成功報酬“の設定があるところは、注意が必要です。

2.成功報酬にご注意!

浮気調査会社の成功報酬
成功報酬“とは、浮気調査においては確かな浮気の証拠を掴むことに成功した場合に支払う報酬のことです。

調査費用・経費とは別に成功報酬の設定をしている会社・事務所があります。
具体的には、「ラブホテルから二人で出入りしている写真撮影成功はプラス10万円」というようなものです。

成功報酬の落とし穴

一見、「成功しなかったら支払う必要がないからいいかも」と思うかもしれませんが、成功報酬設定は大きな落とし穴になる場合があります。

この成功報酬の注意点は、「どんな成果が出たら成功となるのか?」です。実際に満足できる内容ではないのに、次にご紹介するような成功報酬の請求をされるケースもあります。

成功報酬例1

浮気相手と歩いている写真の撮影に成功、調査費実費と成功報酬30万円を請求された。
しかし写真を見ると、ただ二人で歩いているだけだったり、車中に二人がいる写真だった。

この写真だと、離婚調停や慰謝料を請求する際に証拠としては弱くなります。

成功報酬例2

ホテルへの出入りの写真の撮影に成功、調査費用実費と成功報酬50万円を請求された。
しかし写真を見ると、斜め後ろ姿のうえに暗くて顔がしっかりと判別できない写真だった。

こういった曖昧な写真でも、離婚調停や慰謝料を請求する際に証拠として使えません。

雨宮先生雨宮先生

上記のように、中途半端な結果でも成功報酬が発生する可能性があります。
会社・事務所によっては、「キスした写真は10万円・ホテルの出入りは50万円」などと設定していることがあります。

信頼できる浮気調査・探偵会社は説明が明確である

信頼・安心できる浮気調査・探偵会社は、先に挙げた曖昧な成功報酬の設定はしていません。

どういうものに、どれくらいのお金がかかるか、成功した場合はどうなるのか、成功の具体例、失敗した場合はどうなるのか、失敗の具体例、調査の方法、使用機材、調査に関わる人数など、事前説明を明確にしてくれます。

逆に信頼できない・安心できない会社だと、説明が不明瞭かつ曖昧です。

もし浮気調査や探偵会社に依頼する際は、説明を明確にしてくれる所が見つかるまで探すことをお勧めします。

雨宮先生雨宮先生

料金の安さで調査会社を選んではいけません!
しっかりした調査には相応の料金はかかることを理解しましょう。

3.浮気調査の料金はいくらかかる?

浮気調査の料金はいくらかかる

浮気調査にかかる費用の相場は、平均して1日7~12万円程度です。
その内訳は料金形態によって違います。ある調査会社を3つ選んで、料金を比較した表を作ってみました。

 調査料金比較表 A社 B社 C社
調査費用 8万円
(1日8時間)
15,750円
(1H×2~3人)
6,000円
(1H×1人)
基本料金 4万円 無し 無し
経費 込み 一部実費 込み
機材代 込み 実費 込み
交通費 込み 実費 無し
合計
(5日間×8H×3人)
60万円 63万円+実費 72万円
雨宮先生雨宮先生

このように、基本料金が無くほとんど実費な会社があったり、経費などは全て込みにしている会社もあります。
料金は大幅に変わる事はありませんので、実際に合って信頼できるかで調査会社を決められる方が良いのです。

自分の状況に合った料金形態の調査会社を探す

また、自分の状況に合った料金形態の調査会社を探すことも考慮されると良いです。

なぜなら、自分の持っている情報量で浮気調査にかかる費用が変わるからです。

たとえば、夫が浮気相手と会う日程が分かっている場合は、調査にかかる時間は少なくて済む可能性が高いので、1時間あたりの料金が安いところへの依頼を考えます。

しかし、持っている情報量が少ない場合は、1時間毎よりも1日(5~8時間)単位で料金設定しているところに依頼したほうが安くする可能性があります。

3.浮気の調査依頼は途中でもキャンセル・延期ができるか確認しておく

浮気の調査依頼を途中でキャンセルする場合、高額のキャンセル料が発生する場合があります。

例えば、調査前に浮気を告白してきたり、妻(夫)が急な長期出張や入院をした場合はキャンセルや延期をする必要があります。

ですので、調査会社に依頼する前に、キャンセル料金や延期についての確認をしておきましょう。


今回のまとめ

信頼できる浮気調査会社を見分けるためには、実際に無料相談をすることがベストです。

自分が納得できるまで、丁寧に質問に答えてくれる良心的な会社に依頼しましょう。

雨宮先生雨宮先生

曖昧な説明や料金設定をしている調査会社には依頼しないことです!