雨宮先生雨宮先生

夫に直接連絡をして、子どもを返してもらうように話し合いをします。

子どもを返す意思がない場合は、家庭裁判所に子の引渡し審判の申し立てをします。

<スポンサーリンク>

1.夫に子どもを返す気持ちがないか確認する

夫に子供を返す意思を確認

夫に連絡することが可能な場合、「子どもを返して欲しい」と伝えて「子どもは、こちらで育てるから渡さない」と意思の確認をします。

この確認は、夫が子どもを渡す気がないなら、当事者間での話し合いでは解決できないことを確認するためです。

そして、夫が子どもを返す意思がない場合は、家庭裁判所に“子の引渡し審判”を申し立てます。

夫が子どもと会いたかっただけの場合

もし、夫が一時的な気持ちで「子どもに会いたかっただけ」であれば、しっかり話し合って子どもを戻してもらってください。

そして、早急に第三者を交えた話し合いの場を持ち「事前に連絡を入れてもらえば、面会も可能」など、きちんとした常識の範囲内での面会を提案しましょう。

2.子の引渡し審判とは?

この引き渡し審判

子の引渡し審判とは、親権のない親が子どもを連れ去ってしまい話し合いで解決しないときに、家庭裁判所に申し立てる審判です。

この審判は、家庭裁判所で裁判官が、当事者から提出された書類と調査官がおこなった調査の結果などに基づいて、判断を決定するものです。

雨宮先生雨宮先生

普通は審判の申し立ては、調停の申し立てを経てからでないとできません。
しかし、子どもに関わる重大なことなので子の引渡し審判は、すぐに申し立てることができます。

子の引渡し審判の注意点

子の引渡し審判の申し立ては、迅速におこなう必要があります。

なぜなら、子どもが連れて行かれてから時間が経過しまうと「何も問題なく生活できている」と判断され、親権・監護権の変更になる可能性があるからです。

よって、夫が子どもを返す気がないと判断したら早めに子の引渡し調停を申し立てることが重要になります。

雨宮先生雨宮先生

子の引渡し審判を申し立てる際には、一緒に“審判前の仮処分(保全処分)”の申し立てをしましょう。

子の引渡し審判前の仮処分(保全処分)とは?

子の引渡し審判前の仮処分(保全処分)とは、子の引渡し審判を進めている間に「子どもが相手側と暮らしている期間が長くなる」ことを防ぐためにあります。

夫側が子どもの親権をとるために”親権者変更調停”を申し立てたとき、こちらが不利になってしまう可能性もあります。

よって、子の引渡し審判を申し立てるときには、審判前の仮処分(保全処分)の申し立てを同時にすることが重要です。

家庭裁判所に子の引渡しを申し立てる

第三者を交えての話し合いで解決しない場合は、家庭裁判所に“子の引渡し調停”の申し立てをします。

申し立て先は、相手の住所地の家庭裁判所か当事者間で合意した家庭裁判所です。
【関連ページ】裁判所の管轄区域

申し立てに必要なものは、下記の通りです。

子の引渡し調停申立に必要な物

  • 子の引渡し調停申立書1通又はコピーでも可(裁判所で入手するか、裁判所のホームページからダウンロードします)
  • 収入印紙1200円分(子ども1人につき1200円)
  • 連絡用郵便切手800円程度(裁判所により違います)
  • 未成年者の戸籍謄本(全部事項証明書)

【関連ページ】子の申し立て調停申立書(記入例)

雨宮先生雨宮先生

この調停は、双方が子どもを引き取りたいという意思が変わらない可能性が高いため、長引くケースが多く報告されています。

審判前の仮処分(保全処分)も同時に手続きする

子どもの引渡し審判と同時に、審判前の仮処分(保全処分)も同じ裁判所に申し立てをします。

申し立てに必要なものは、下記の通りです。

審判前の仮処分(保全処分)申し立てに必要な物

  • 子の引渡し審判前の保全処分申立書1通又はコピーでも可
  • 収入印紙1000円分
  • 郵便切手800円程度(裁判所により違います)

子どもの引渡し審判は、弁護士に依頼したほうがいい?

子の引き渡し審判弁護士
子どもの親権や引渡しに関する調停・審判をスムーズに解決するために、弁護士への依頼も考えておきましょう。

なぜなら、子どもに関する調停・審判が長引く傾向があるため、夫側が弁護士に依頼している・脅迫めいた物言いをされる・嫌がらせをしてくるなどの可能性もあるからです。

そして、長引く調停・審判に疲労してしまい「子どもと一緒にいられるのに、精神的に疲れて優しく接することができない」「一緒に過ごす時間が少なくなる」ことを回避するためでもあります。

普段の生活を守るためにも、弁護士への依頼は重要になるのです。

弁護士の選び方

離婚や子どもに関する調停・審判を手がけた実績の多い弁護士を探してください。

昨今では、離婚調停を扱う弁護士は多くなっていますが、子どもに関する調停・審判は難しいケースが多いため扱いに慣れていない方への依頼は避けるべきです。

確認の仕方は、無料相談をしている弁護士に「子の引き取り審判・保全処分を扱ったことはありますか?」「どのくらいの期間かかるものでしょうか?」と質問をしてみてください。

弁護士からの回答と費用に満足できたら、依頼するか考慮してください。

雨宮先生雨宮先生

子の引渡し審判・保全処分には、迅速な手続きが必要なため「手続きに1~2週間くらいかかりますね」と悠長な回答をする弁護士への依頼はさけましょう。


今回のまとめ

親権のない夫に子どもを連れ出された場合、できるだけ冷静に話して「子どもを帰してくれる意思があるか?」を確認します。

子どもを返してもらえない場合は、迅速に家庭裁判所に子の引渡し審判と保全処分の申し立てをしましょう。

弁護士に依頼する場合は、子の引渡し審判・保全処分に詳しく理解している弁護士を探すことをお勧めします。

雨宮先生雨宮先生

子供の引き渡しに関する県は、とにかくスピードが大事です。