「財産分与」の記事一覧

離婚問題を弁護士に依頼すれば、どんなメリットがありますか?

弁護士相談 慰謝料 財産分与 離婚の準備 離婚時の決め事
離婚問題は弁護士相談するべきか

離婚問題を弁護士に依頼した場合、精神的なストレスの軽減・書類作成の手間を省ける・自分に有利な条件で離婚できるメリットがあります。夫婦関係調整調停になった場合は、代理人として出廷・交渉の依頼も可能です。当事者間で、離婚に関わることに合意している場合は、離婚公正証書の作成を弁護士に依頼するをお勧めします。

熟年離婚で財産分与や慰謝料を払わない方法はあるのか?

慰謝料 財産分与
熟年離婚の慰謝料財産分与

熟年離婚にて、長年夫婦として暮らしている間に増えた財産は、財産分与の対象です。しかし、一方に”悪意の遺棄”があった場合は受け取り割合が変動することもあります。夫婦での話し合いで、財産分与・慰謝料が決められない場合は、家庭裁判所に”夫婦関係調整調停””財産分与請求調停”の申し立てをしましょう。

内縁関係でも慰謝料や財産分与が発生するケースは?

内縁関係 慰謝料 財産分与
どういう場合に内縁関係に認められるか

内縁関係でも、慰謝料・財産分与の権利があります。当事者での話し合いで慰謝料・財産分与の話し合いが解決しない場合は、内縁関係調整調停を申し立てます。自分にとって弁護士に依頼するメリットがある場合は、気軽に相談ができる無料相談をしている弁護士に実際に足を運んでみてください。

慰謝料と財産分与に税金はかかる?

マイホーム 慰謝料 財産分与
慰謝料に税金はかかる?

慰謝料・財産分与をお金で支払ってもらう場合、一定の金額までは受け取る側に税金はかかりません。しかし、財産分与で不動産やマイホームを売った場合には、所得税と住民税がかかります。自分が望む控除がある場合、離婚前・離婚後に不動産の譲渡手続きをするかの選択をしましょう。

離婚して財産分与が無く生活できない場合はどうするか?

財産分与
離婚後の生活が困難

離婚時に充分な財産分与がなく、その後の生活が困難になる場合は、"扶養的財産分与"の請求ができます。しかし、夫に充分な収入が無かったり、住宅ローンの返済で余裕が無い場合は"生活保護"の申請をして下さい。生活保護は申請してから受給の通知まで、約2週間~1ケ月くらいの期間が必要なので、早めの手続きをお勧めします。

ページの先頭へ