「離婚時の決め事」の記事一覧

離婚前にどこかで相談したいのですが、どんな専門家や公的機関がありますか?

弁護士相談 興信所・探偵・浮気調査 離婚時の決め事
離婚問題の相談先

離婚前に相談したいことがある場合、悩みや状況に合せて、弁護士・福祉課・ハローワーク・心理カウンセラー・探偵・配偶者暴力支援センター、婦人相談センターに相談しましょう。1人で悩んでばかりいるよりは、専門家に相談することで新しい解決策や道が見つかる事もあります。

離婚問題を弁護士に依頼すれば、どんなメリットがありますか?

弁護士相談 慰謝料 財産分与 離婚の準備 離婚時の決め事
離婚問題は弁護士相談するべきか

離婚問題を弁護士に依頼した場合、精神的なストレスの軽減・書類作成の手間を省ける・自分に有利な条件で離婚できるメリットがあります。夫婦関係調整調停になった場合は、代理人として出廷・交渉の依頼も可能です。当事者間で、離婚に関わることに合意している場合は、離婚公正証書の作成を弁護士に依頼するをお勧めします。

夫(妻)の浮気が判明したらどうするか?

興信所・探偵・浮気調査 離婚の準備 離婚時の決め事
夫妻の浮気が判明したら

夫(妻)の浮気が判明したときに、感情的になり責めないようにしてください。その場の感情で、夫(妻)を責めても状況が悪化するだけの可能性が高くなります。浮気調査の結果が事実だった場合、復縁・離婚のどちらを選ぶか決めておく必要があります。離婚を決意した場合、事前に準備を整えておくことで、(財産の確認・住居・子どもの学校など)一刻も早く別居ができるようになるからです。そして、夫婦間で離婚問題を解決できない場合は、弁護士への依頼を考慮しましょう。

親権者と監護者の違い

親権・監護権 離婚時の決め事
親権監護権どうやって決める

“親権者”は子どもの代理人として法律行為に関する代理権を持ち、“監護者”は子どもと暮らして身の回りの世話をする権利があります。離婚を決めたときに、夫婦で親権・監護権について話し合いをします。当事者間での解決が難しい場合は、家庭裁判所に離婚調停を申し立てて、親権・監護権の話し合いを進めます。

ページの先頭へ