「別居」の記事一覧

経済的状況で別居していたが再び同居したい場合の条件は?

別居
再同居の話し合い

経済的な状況が改善しても、別居期間が長くなると、夫婦同氏だけの話し合いでは「すぐに同居に戻ろう」とスムーズに運ばないケースも少なくありません。よって、第三者の親族や友人に間に入ってもらうか、夫婦関係調整調停で裁判官と調停委員の助言を聞きながら、再同居に向けての話し合いを進める選択肢もあります。

別居して何年で離婚請求ができる?

別居 離婚請求
夫婦関係の破綻とは

離婚するために、別居を選んだ場合3年以上してから調停離婚の申立をお勧めします。そして、別居中の生活費を確保するために、婚姻費用分担の請求の手続きを早めにしましょう。「別居から何年経過していれば破綻」という明確な定義が無いのですが、3年以上連絡も取り合っていない、子供にも会わせていないような状況であれば、離婚請求が認められる可能性は高くなります。

離婚していない夫と別居中で自分が働けない場合、生活費援助してもらえる?

別居
別居中の生活保護

別居をしている場合でも、夫婦であれば婚姻費用分担の義務があります。「夫との話し合いを上手くいかない」「夫が払わない」という場合は、家庭裁判所に婚姻費用分担請求の調停を申立をして、自分ばかり損をしないようにしましょう。夫から婚姻費用分担の金額を貰っても生活できない場合は、生活保護の申請をお勧めします。

夫と別居中の場合、どのくらい生活費を請求できるか?

別居
生活費が多くもらえる別居事情

離婚前であれば別居中でも生活費の請求が可能です。もらえる金額は夫婦の収入・家族構成・住宅ローンの有無により変わります。もし、事前に平均的な金額を調べておきたい場合は、裁判所のホームページで”養育費・婚姻費用算定表“を用いて金額を算定してみて下さい。

別居中で離婚していない場合、生活費を請求できるか?

別居

離婚前に別居していても、生活費の請求が出来るケースがあります。別居理由によっては、子どもの養育費・教育費のみになる可能性もあるのです。夫に別居の原因があり調停での話し合いになる場合、事前に証拠集めをしておくことで不利にならないように気をつけて下さい。

離婚前提の別居期間中は何をするべきか?

別居 離婚の準備
夫と離れて冷静に考える

離婚を前提とした別居期間中は、「やり直せる可能性を考える」「今後の生活のための準備を進める」こどなどがあります。名字の変更・住む場所・仕事・子どもの親権・監護権・養育費・通う学校・財産分与・公的援助・調停する場合の弁護士に依頼するかを考える必要があります。

ページの先頭へ