「親権・監護権」の記事一覧

親権者が死亡・行方不明になった場合、親権は誰になるか?

親権・監護権
親権者が死亡・行方不明になったら

親権者が死亡・行方不明になった場合、残った親が親権者になれるとは限りません。残った親が親権をとりたい場合は、親権者変更審判の申し立てが必要です。親権者が不在な場合は、家庭裁判所の権限で未成年後見人選任を行います。後見人になりたい場合は、未成年後見人選任を申し立てましょう。

子供の面会交流を中止にすることはできるか?

子供との面会・交流 親権・監護権
子供の面会交流停止取り消し手続き

面会時に、子どものためにならない行為・悪意のある行為があった場合は、両親の間で面会についての話し合いをします。このときに、条件・面会期間・面会の一時停止の提案をして友好的な解決になるよう努力が必要です。当事者間での解決が難しい場合は、家庭裁判所に面会交流調停を申し立てましょう。

親権を持っていない夫が子どもを連れて出ていったらどうする?

親権・監護権
夫に子供を返す意思を確認

親権のない夫に子どもを連れ出された場合、できるだけ冷静に話して「子どもを帰してくれる意思があるか?」を確認します。子どもを返してもらえない場合は、迅速に家庭裁判所に子の引渡し審判と保全処分の申し立てをしましょう。弁護士に依頼する場合は、子の引渡し審判・保全処分に詳しく理解している弁護士を探すことをお勧めします。

親権停止制度ってどんなもの?

親権・監護権
親権停止制度とは

親権停止とは、子どもを虐待から守るために期限付きで保護するための制度です。児童虐待が酷い場合には親権喪失になり、子供に会うこともできなくなります。親権者が子どもを虐待している証拠がある場合は、家庭裁判所に親権停止の申し立てをしましょう。

親権者と監護者の違い

親権・監護権 離婚時の決め事
親権監護権どうやって決める

“親権者”は子どもの代理人として法律行為に関する代理権を持ち、“監護者”は子どもと暮らして身の回りの世話をする権利があります。離婚を決めたときに、夫婦で親権・監護権について話し合いをします。当事者間での解決が難しい場合は、家庭裁判所に離婚調停を申し立てて、親権・監護権の話し合いを進めます。

ページの先頭へ